ロシアは多様な民族が生活する国家

ロシアとは、日本ではロシア連邦と呼ばれることの多い国で、元ソビエト連邦のなかで特に大きかった州の名前から付けられた国名で、ユーラシア大陸にある国々の中で北側の大きな領土を有する巨大な国家です。

日本で連邦と呼ばれるのは歴史上帝政の頃とは違う事を表す便宜的なもので、日本では露西亜と表記されることもあります。

ロシアの公用語はロシア語で首都はモスクワになります。国土は約1700万平方キロメートルに及び世界第一位の広さで、これは日本の国土のだいたい46倍ほどになります。

人口は約1億4160万人で日本の人口のほぼ1.1倍にあたる世界第7位の規模になります。ここ最近は人口が急激に増え始め、その影響からか自殺率が高くなり、その反面出生率が低くなっていき人材が国外に流れてしまっているなどの問題も発生しています。

経済的にはエネルギー資源を輸出したりそのためのインフラの整備などが中心となって行われており、派手な成長はないですが、着実に10年規模で成長を続けているため、ソビエト連邦崩壊後に衰退してしまった工業関連の復興がどんどん進んでいる状態です。

そのため繊維や機械の製造を始めとした軽工業分野の製品を主要品目とするための活動が目覚ましくおこなわれています。

ソ連崩壊後、過度に民営・公営化されてしまった企業を再度国営化することで安定化と効率化を図る活動も国民の支持を受け行われており、エネルギー企業の利益保持のため企業が軍隊を保有する権利などを認め国際競争の補強が行われています。

しかしこの積極的な国家による権力行使は投資家たちに危険視されることが多く、市場が不安定になりがちなため資産投機はあまり活発に行われていません。

というものの、G8加盟国でありBRICsにも加盟しているロシアと日本とは資源や穀物などの給出先としてなどの経済的な関係も深くなっています。

この国には160以上の多様な民族が生活していますが、その内の8割はスラブ系民族のルーシが占めています。多様な民族が存在するため場所によって風習に大きな違いが見えるのもこの国特徴です。

ソビエト連邦時代からこの多民族による弊害は大きく政治などの思想の影響を受けやすい分野はそれぞれの民族がお互いをけん制し合ってしまうため停滞しがちですが、思想の影響を受けにくい演劇や建築・バレーなどの分野に関してはいちおうの発展を見せています。

その中でも音楽のクラシック分野での発展は特に目覚ましいものがあり世界に通用する天才を輩出している歴史があります。